Life

【実体験】デジタルデトックスを3ヶ月間やってみた効果は。結果【早寝早起・肌荒れ改善】

2021年4月26日

  1. HOME >
  2. Life >

【実体験】デジタルデトックスを3ヶ月間やってみた効果は。結果【早寝早起・肌荒れ改善】

スポンサーリンク

2021年4月26日

雑記記事です。今回は管理人が1月頃からなんとなく始めたデジタルデトックスの効果について感覚的なことをつらつらと書いていこうと思います。

まあ、サイト制作・ブログをやっている人間のデジタルデトックスなんて、そもそもデジタル趙過多接種から、過多接種になった程度なので、あまり一般人の方は参考にしないでね。

まあそれでもインターネットを1日5時間〜8時間ははさわるよ!って方には参考になるかもしれません。(学生やWEB業界の方)

それでは、デジタルデトックスやってみた効果について僕が感じたことを書いていこうと思います。

暇だから寝るに変わった-ネットを暇つぶしに触らなくなる-

ネットを触らない分、やることがなくなります。仮眠時間が増えました。(1時間〜2時間程度)

ネットでアニメや漫画、ドラマをみなくなると、趣味がなくなるので、作業しかすることがなくなります。

結論。寝るか、作業か。この2つになります!!!!!!!!!

ぴょんぴょん思考が緩和された。

ネットサーフィンをすると、おそらく関心が飛び回ると思います。その症状がなくなるので、1つの物事への集中力が上がります。

それと脳がクリーンになり、しないといけないことの作業時間が増えます。さらには1日がなんだか早いような短いような。そんな1日になります。

なんか澄んだ平常心を手に入れることができた。

ぴょんぴょん思考が緩和され、やることに目がいくからですね。

ネットやめなきゃと考えなくて良くなった。なぜならやめているから!!

ネットでの遊戯をやめているので、罪悪感もありません。なぜなら、やめているから!!!

ネットが好きなのに、やめなきゃいけないは違う。ネットを仕事にしよう

あなたみたいにネットをいじくれる人はいません。何時間もネットに集中できるので、あればマネタイズしていきましょう。

今やっていることを仕事に。

健康にいい

肌荒れが改善?されたようなされていないような。

結論:手頃なネットは手頃な割には日常への負荷がでかい。使い方を考えよう。-負荷に耐えられる人は例外-

インターネットの情報は脳に強い負荷刺激を与えます。なので、使いすぎにはキオつけましょう。

ブルーライトカットメガネや、シールがあるといいですね!!!(欲しい)

学生の方であれば、無料ブログや、動画編集、画像制作など、アルバイト以外での稼ぐ法方がここ最近で難しいスキルなしで可能になりました。

このサイトではWEBスキル系の情報を発信しているので、他の記事も読んでみてくださいね。

以上です!

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-Life
-