0記事→100記事→300記事

WEBライティングについて【有料級:博多明太子級】明太ご飯うめえ

2021年8月26日

  1. HOME >
  2. 0記事→100記事→300記事 >

WEBライティングについて【有料級:博多明太子級】明太ご飯うめえ

スポンサーリンク

2021年8月26日

 

肝はセッティング。ライティングのための準備がきちんとできれば、ライティングのパフォーマンスは上がる。

 

スポーツなら体づくり・準備運動のカスタマイズ・実施・使用道具のメンテナンスなど。

文系の活動であれば、使用情報が乗った本の準備、ゲーム手順・戦法の把握、脳内環境作りなど。

 

セッティングで作業効率化をする。

 

記事テンプレ(記事を書く前の下準備構成の大枠)(ライティングの補助線)

ショートカットキー(ライティング化)

サイトブックマーク(使用道具:ツールの準備)

ツールサイトへの登録・準備

ワードプレステーマの導入(文章装飾ツール・レスポンス対応などの効果を得る。ライティング効率化)

書き始めから、記事公開までの一連の流れを構成。(作業進行終始の確認、把握)

写真・動画の制作手順〜写真挿入をはじめから決めておく。(作業経路の確保)

外注化(ワードプレス内で記事外注をする際、これらの項目をマニュアルに打ち込めばOK)

タイピング

タイピング環境・姿勢の改善。

休憩の取り方。リフレッシュ・モチベの上げ方。保ち方

腕や首、目や肩のケア。

画面の光の設定

文章を書く際の文字の大きさ変更

ファイルの整理・バックアップ

 

action:writing

これらが固まってしまえば、ライティング分野に専念することができます。パフォーマンスがあがると思います。

ライティングでは、

 

文章展開

メリット・デメリット・ベネフィットの提示

表現方法

文字数

SEOライティング ETC...

 

と学んでいけば良いと思います。

 

ぶっちゃけ僕は本をいちども完読してないです。けど、いろんな方の記事をよみ、文章をかけるようになっている、と思います。

 

あとは100本〜200本書いて書いて書くこと。そうしながら、ライティングをする際にもっと早く、的確に、良いい記事になるようにはどうすれば、なにがあればいいのかを感じながら書いていき、施策をしていけばすらすら書けるようになります。きっと。僕はそうでした。

 

 

 

10記事程度で慣れてくると思います。30記事で疲れてきて、楽に書きたくなります。多分。

そこからはセッティング、環境作りです。動けることをベースにして、自分が動ける環境を作りましょう。

そうすれば、動けます。当たり前ですが。動けないから、やめるのです。ではなぜ止めるのか、なぜ動けないのかを知り、対策すれば、うごけるのです。

楽に書く。(飽きていてもスムーズに書けると整っていて、嫌いにならず書ける。するする書けてすんなりおわるような環境を作ります。

そうすれば、ちょちょいのちょいざぶろーで記事なんてできてしまいていやってしたら記事は公開されているものです。ええ。

 

ちょいちょいちょいざぶろー!!

 

ということですよ。とにかく自分なりの記事制作手順とATフィールド内を確立すれば、あとはパソコンの前でかちゃかちゃするだけ。

 

これが手塚ゾーンです(_:(´ཀ`」 ∠):

 

チガウカー

 

_:(´ཀ`」 ∠):

 

油断せずに行こう!

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-0記事→100記事→300記事
-