0記事→100記事→300記事

[1キーワードに対して1記事] 執筆するキーワードの見つけ方。

2020年11月14日

  1. HOME >
  2. 0記事→100記事→300記事 >

[1キーワードに対して1記事] 執筆するキーワードの見つけ方。

スポンサーリンク

2020年11月14日

 

こんにちは、けいだです。

 

この記事では、”狙いたいキーワードの見つけ方”について紹介します。

 

一つのキーワードについて、1記事を書く。

 

というのが、Webライティングでは、大事になってくるのですが、僕はブログを始めたての頃、

 

キーワードってどう見つけるの?

記事からキーワードって考えるの?

 

と、記事を書く際にどうやってキーワードをじゅんびすればいいのかがわかりませんでした。

 

今ではブログを始めてある程度、キーワードの見つけ方・探し方がわかってきたので、この記事で紹介したいと思います。

 

キーワードの見つけ方がわからない方は参考にしてみてください。

 

キーワードの見つけ方・探し方

 

それではキーワードを探す方法をいくつかに分けて紹介します。

 

僕の場合だとキーワード(単語)は、Webのツールを使って探していきます。

 

ラッコキーワードを使う方法(キーワード探し)

使う

キーワードを探す際に使いたいのが、このツールです。

 

>>ラッコキーワード

 

基本このラッコキーワードを多用します。

 

 

このラッコキーワードは、1つ単語を入力すると、関連の単語を100〜300ほど生成してくれるWebツールです。

 

例を挙げると、”ブログ”

 

という単語をラッコキーワードの検索エンジンに1つ入力するだけで、

 

ブログ 初心者
ブログ 始め方
ブログ ワードプレス
ブログ 副業
ブログ PC

 

などを含む、100以上の単語が1回で手に入ります。

 

なので、これ1つあれば、キーワード(単語)を探す手間がものすごく省けるので、使うとキーワード探しが楽にできます。

 

無料で使えるのでおすすめです。

 

>>ラッコキーワード

 

グーグル広告のキーワードプランナーを使う

探しましょう!

次におすすめなのが、グーグルが無料で提供している、キーワード探しツール。

 

>>Google キーワードプランナー

 

グーグル広告の機能の1つにキーワードプランナーがあるので、最初みたときは、機能の多さに絶対に戸惑うと思います。
『※キーワードプランナーの使い方は後に別の記事を作成するので、そちらを参考にしてみてください。』

 

キーワードプランナーはラッコキーワードをベースに使う。

 

キーワードプランナーは、ラッコキーワードで得たキーワードの月間検索ボリュームを知るために使います。

 

例えば、

 

ブログ いろはす

ブログ おーいお茶

 

というキーワードが二つ合ったとき、このキーワードをどちらかを選ぶ場合、普通に情報が足りなくて、選びづらいと思います。

 

上の情報だけだと、どっちを選んでもよくないか?ということです。

 

そこで、

 

ブログ いろはす (月間1000pv)

ブログ おーいお茶 (月間100万pv)

 

という月にそれぞれのキーワードが検索される回数が表示されれば、検索されないキーワードを選択してしまう=いつまでたってもアクセスが増えない。というミスを減らすことができます。

 

検索した人が全員何らかのページにアクセスしたことを前提に、例を挙げてみます。

 

月間検索ボリュームが1000だと、検索者のアクセスが全部手に入れば、1日あたり約33pvを獲得できます。

月間検索ボリューム100万だと、検索者のアクセスが全て手に入れば、1日あたり、約33000pvを獲得できます。

 

マア、検索した人の全てが、自分のページにきてくれるとは、限らないのですが!

 

例で説明したいことは、月間検索ボリュームが多いキーワードほど、SEOで上位表示した際に見込めるアクセス数は多くなる。ということ。

 

ですが、多くのアクセスが見込めるキーワードは、企業も取り合いをしているそうなので、、、100から1000あたりの取り分は少なめですが、そこまでライバルのいないキーワードや、トレンドキーワードを使って地道に瞬間アクセスを増やして、ドメインパワーをあげていく。といった手法がまず最初にやっていくべきことなのかな〜と思います。

 

まあ、これがなかなか難しいのですが!!

 

まあ、、話を戻しますと、

 

キーワードの月間検索ボリュームを知ることで、どのキーワードを書き、どのキーワードで集客をするのか?を考えながら、

 

キーワードを探すことができる、それが、キーワードプランナーのいいところなのです。

 

まとめ:キーワードを探したあと、選定をする。

 

キーワード選定が大事。とよく聞きますが、選定をする前の、キーワード収集(探し)がもっとも重要だと思います。

 

なぜなら、キーワード選定をする前に、ブログに入れたい(入れると効力が増す)大事なキーワード収集ができていない可能性があると、選定の効果が薄くなるから。

 

構成を練る部分から失敗すると、サイトの完成度のポテンシャルってある程度決まってくるとおもうんですよね。。。(人生の選択肢の幅も情報が大事)

 

かといって、簡単に決まるものじゃないので、そこは訓練じゃないか?とおもいつつ作業しています。

 

キーワード選定=キーワード探し+キーワード選び

なのであれば、キーワード探しと、キーワード選びをつ1つ1つバラした方がいいかも。と僕は思います

 

収集には

 

 

 

それとバス部のコンテンツプランニングの仕方の記事がかなり参考になるので、おすすめですよ!

 

以上、キーワード収集(探し方)の記事でした。

 

おしまい

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-0記事→100記事→300記事
-,