Amazon

自宅で騒音対策。飛行機の音や工事音を防ぐ耳栓をレビュー【良い】

2021年8月25日

  1. HOME >
  2. Amazon >

自宅で騒音対策。飛行機の音や工事音を防ぐ耳栓をレビュー【良い】

スポンサーリンク

2021年8月25日

こんにちは、けーだ☕︎です。

 

自分の住んでいる場所は飛行機が飛んできて常にうるさい。工事も頻繁に行われるし、自宅では耳がいつもさかだってしまっている。耳を休ませることができるアイテム、良い耳栓はないだろうか。

 

CAT
僕が住んでいるところは飛行機が通る路線の近くにあるみたいで、昼間は5分おき〜10分おきぐらいの感覚で飛行機がぶんぶん飛んできます。

 

さすがにこの騒音は自分には辛かったので、Amazonで良い耳栓がないか調べたところ、Quietide耳栓というのが評価が高かったので、購入しました。  

 

 

Amazonが一番最安値!

 

ココがポイント

値段は1000円〜2500円程度。  装着すると音を30d程カットできます。

 

ということで、今回はこのOuietide耳栓について口コミ・レビューしていきたいと思います。   同じような悩みを抱えている方の参考になれば幸いです。

 

 

この耳栓はこのような方におすすめです。

悩み

  1. 睡眠時や仕事中になんらかの騒音に悩まされている方。
 

 

子育てや睡眠、出張や外の騒音などのシーンに使用可能です。

 

CAT
Quietide耳栓の詳細スペックも記載います。

 

それでは本文へ٩( 'ω' )و

 

②自宅内に届く騒音を防ぎたい!

CAT
僕自身、自宅内に届く飛行機の騒音をなんとか防ぎたくて、Quietide耳栓を購入しました。

 

耳栓を使用、所持することで得られる効果は、

耳栓のメリット・プラス効果

・騒音でストレスフルになった際、耳栓で音への対処方ができる。

・耳栓で音を遮断できるため、耳栓がない状態と比べると作業や睡眠の集中力が上がる。

・騒音が小さくなり、身体が休まる。耳栓というアイテムがあることで精神も休まる。

・冬に暖房を入れたさい、吸音材や防音材の効果で部屋が暖かくなりすぎない。

・キャンプや出張などに行く際も持ち運び、使用できる。

 

このような効果を得ることができます。

 

耳栓のデメリットととしては

デメリット・マイナス効果

・装着時の耳障りが気になる人にとっては苦痛

・騒音以外の音も小さくなる。

・長時間つける場合、耳栓状態に慣れることになる。

 

このようなデメリットがありそうです。

 

CAT
個人的には自分の部屋に防音シートと吸音材を設置したかったんだけど、作業も費用もかかってしまうから、騒音対策には簡単な耳栓に辿りついたよ。

 

予算がある人は住んでいる家の場所を見直したり、防音シートや吸音材で内装を整えるのもありかもです。

 

その点、耳栓は買うだけですぐ使える、防音に即効性のあるアイテムだからmustアイテムですね。

 

それではQuierideの耳栓の詳細について紹介をしていきます。

 

 

Quietide耳栓について

Quietide 耳栓専門店の情報はこちら

 

Quietideでは、睡眠用耳栓が2種、音楽用耳栓、水泳用耳栓がリリースされています。

 

Quietide曰く、現代では音楽フェスなどの発達により、若い世代から難聴、聴覚障害になる方が増えているのだそう。

 

ココに注意

断続的に80db以上の騒音にさらされると、障害を感知できない難聴になってしまうらしいです。

 

難聴になると様々な心身症を引き起こすそうなので、音楽をする方、騒音が80db以上の場所にいる方などは注意が必要ですね。

 

また、Quietideのキャッチフレーズが「役立つ音は正確に、生活騒音からは自由に」というキャッチフレーズが使われています。

 

音楽やBGMの音など、生活を彩る音はとらえつつ、生活内で余分な音はカットするといったかんじでしょうか。かなり個人的には好きなフレーズです。

 

またquietideの商品は色々な方も購入しているみたいです。

 

 

また、ツイッターをみていたら、こんな情報もありました。

 

 

CAT
よくわかりませんが、緑色の耳栓を買っているかたも多くいるみたいです。!

 

49円で一生分の耳栓が買えるのはすごい。価格崩壊というやつでしょうか。

 

緑の耳栓のように、使いきりのタイプと僕が購入した洗って使えるタイプの耳栓自分が好きな方を購入するのが良さそうです。

 

CAT
こじんてきには、緑のような耳栓は肌触りがにがてなので、購入していません!

Quietide耳栓を使ってみた感想

 

それではquitideの耳栓を実際に使用してみた感想をまとめます。

 

 

quieted耳栓 価格 タイプ カットdB 水洗い ケース 個人評価
  1500円程度〜2500円程度 様々 4種以上 30以 ok あり

 

使用感

使用するさい、耳障り等がつかいすてよりも良いので気に入っています。

 

高級イヤホン感覚に近い感じで耳に装着することができます。

 

重さもきにならないので、個人的には評価の高いアイテムです。

 

カラー

耳栓のからーは豊富で

 

チップが黒で耳栓はクリア

チップは緑、パープル、緑などとバリエーションがあったりします。

 

また、耳栓がブラックのものもあり、好きな色を選ぶことが可能です。

 

CAT
僕はシンプルなチップが黒、耳栓が透明なものを選びました。

 

値段

価格は大体約1700円程度ですが、値段が販売場所によって異なるみたいです。

 

CAT
僕はアマゾンで購入しましたが、自分が信頼できるECサイトで購入するのが良いと思います。

 

音の遮断

30dbなので、かなりカットすることができます

 

自由なメモ

30dbカットのイヤホンと30dbカットのイヤーマフを使用すれば単純計算では60dbカットできるんので、騒音レベルに組み合わせを選択していけばokだと思います!

 

水洗いok

水洗いが可能な素材の耳栓なので、使い方次第では使い切りをかうよりもコスパが良くなるかもしれないです。

 

ココがおすすめ

じゃばじゃば洗ってます。衛星的です。

 

持ち運び用ケース付属

持ち運び用ケースが付属しています。ライブに行く際や出張に行く際などに使用できそうですね。

 

ということで、かなりかってよかった、高評価アイテムでした。

 

ココがおすすめ

騒音はこれ一つで緩和できたので、騒音に困っている方にquietide耳栓はおすすめです。

 防音材・吸音材・その他の耳栓等を紹介

 

他にも騒音対策の商品で僕が気になったもの評価が高いものを載せておきます。

 

防音材・吸音材

これは個人的に気になっている防音材・吸音材です。

 

とりつけも簡単そうなので、紹介です

 

色々なメーカーからこういった形の吸音材・防音材が今販売されています。

 

 

遮音シート

吸音・防音材と併用したい遮音シートを紹介です。

 

 

壁や天井などに引くことで、外からの音をカットすることができる遮音シート

 

ココがダメ

僕は遮音シートを1つ持っていますが、カッティングなどが大変でした

 

ですが防音材と併用することで、遮音の効果を得ることが可能です。

 

CAT
防音・遮音にこだわる場合は手間がかかってもやってみる価値はあるかもです。

 

耳栓 緑色

みどりの耳栓です。価格はウォッシャブル耳栓よりも安い傾向にあるみたいです。

 

 

その他形の違うウォッシャブル耳栓

Quietide以外の耳栓を紹介です。

 

ココがおすすめ

みみの凹凸にクイっとひっかけるタイプの耳栓。

 

形状も色々なバリエーションがあるので、自分の好きな形状の耳栓をさがしてみるのがいいですね。

 

 

まとめ

 

今回は購入した耳栓を口コミ・レビューしましたが、

 

個人的に防音対策でいいのは鉄筋コンクリートと防音施策がされている家に住むことです。(当たり前ですが_:(´ཀ`」 ∠):)

 

耳栓の装着が気にならない人は良いとは思います。

 

以上、耳栓の紹介でした!

 

Amazonが一番最安値!

 

 

 

 

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-Amazon
-,