crowdworks

【CS】クラウドワークスの使い方について軽く紹介【発注者用】

  1. HOME >
  2. crowdworks >

【CS】クラウドワークスの使い方について軽く紹介【発注者用】

スポンサーリンク

この記事ではクラウドワークスで発注する方向けにクワウドワークスの使い方を軽く紹介しています。

 

断片的に書いているので、クラウドワークスを実際に手元で確認して使ってみてさい。

 

CAT
発注を経験すると運営側や採用担当の気持ちや悩みがわかります。

 

それではいきます

 

発注者用 クラウドワークスの使い方を軽く紹介

 

それでは発注カテゴリーを紹介します。

 

マイページ

新しい仕事を依頼

仕事管理

MYクラウドワーカー

支払い

タイムシート

メッセージ

支援サービス

 

マイページから紹介します

 

マイページ

 

マイページでは受注者と同じ内容を確認することができます

 

また、広告ではクラウドカレッジについても紹介されています。

 

本気でwebライティングで稼ぎたい方や、1人での学習、実践に不安がある方はこのクラウドカレッジに参加してみるのがいいと思います。

 

結構手厚いサポート内容になっていて、複数オンライン対面などもあるので、仲間を探しやすいのではないでしょうか。

 

次に新しい仕事を依頼について紹介します。

 

自身の手伝って欲しい仕事内容の業務委託書を発注します。

 

カテゴリーは様々ありますが、やることは簡単です。

 

①自分が手伝って欲しい仕事内容のカテゴリーを選択

②手伝って欲しい内容の記載

③仕事中のルールの提示、契約終了までの手順の提示、報酬設定

④実際に発注

 

こんな感じです。

 

手伝って欲しい仕事内容は明確になると思いますが、外注する際は納品期限や納品手順、料金と質、仕事で得られることなどをワーカーさんにしっかり説明し、理解してもらえる文を書くことが大事です。

 

ストレスなく仕事を成功させるためにここはしっかり押さえておくとスムーズに進行できます。

 

次に仕事管理についてです。

 

仕事管理

 

発注した仕事の状態を確認できます。

 

募集中〜募集終了、契約終了などを確認できます。

 

MYクラウドワーカー

 

マイクラウドワーカーでは、契約したことがあるワーカーさんが表示されます。

 

進行中のワーカーさんの場合、進行中と表示されます。

 

しっかりコミュニェーションをとって人材を確保できると外注委託する際に人を探す手間が省けます。

 

次に支払いについてです。

 

支払い

 

支払いでは

 

現在予定されている支払い

過去に支払った支払い

 

の2つを確認できます

 

請求書

領収書

 

なども発行できるので、必要な場合は発行しましょう。

 

タイムシート

 

タイムシートは時間単価制で発注した発注者が使います。

 

メッセージ

 

メッセージは受注者ようと同じです。

 

支援サービス

 

支援サービスには次のようなサービスがあります。

 

発注コンシェルジュ(無料)

無料オンラインセミナー

ディレクションパートナー

スカウトメール配信サービス

<法人向け>一括支払い代行サービス

ライティングプラットフォームプラス

 

発注経験がない方は無料で発注コンシェルジュサービスなどを使ってみるのもアリかもしれないです。

 

どこまでサポートしてくれるかはわかりませんが、無料であれば試してみても経験になりますし。視野が1つ広がると思います。

 

まとめ

 

発注者用にクラウドワークスの使い方を少し紹介しました。

 

受注者の方も、周りの受注者がどういった感じで応募しているのかをみれるので、やってみる価値は高いです。

 

発注者の方は、とりあえず発注段階で勝負が決まるので、仕事の依頼文や内容、報酬内容や得られるスキルなどを明示かするといいと思います。

 

以上です。

 

 

 

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-crowdworks