0記事→100記事→300記事

[ アフィリエイト] 0から1を作るならクリック型報酬広告

2020年9月25日

  1. HOME >
  2. 0記事→100記事→300記事 >

[ アフィリエイト] 0から1を作るならクリック型報酬広告

スポンサーリンク

2020年9月25日

 

CAT
アフィリ未経験,初心者。今現在0円の方向けの記事です。

 

この記事から得られるメリット

 

0が1になることで、無収入から脱出することができ、アフィリのモチベーションになります。

 

そして、これから継続する糧になります。

 

現実的な方法なので、0から1にすることはできますが、1は報酬は微弱です。

 

しかし、金銭面ではなく、記事書きのモチベ、意欲、アフィリで1を稼ぐ達成感などが得られ、継続→可能性を手に入れることができるので、まだ試していな方は、おすすめです。

 

それでは紹介していきます。

 

[現実的] アドセンスと仕組みは同じ。クリック型報酬の広告の可能性

 

アフィリエイトの広告案件には、報酬を獲得する条件が記載されています。

 

無料登録案件

無料体験案件

新規問い合わせ案件

 

条件は様々です。

 

中でも単価は1〜2円と低いですが、

 

クリック型報酬

 

という報酬条件の案件が、いくつかあります。

 

 

例として、

 

ドメインドットコム

 

の案件がクリック型報酬に該当します。

 

月間pvが100以下でも10円毎月獲得することができますよ( ̄▽ ̄)

 

 

ここまで読んで、しょぼいと感じるかもしれません

 

 

CAT
実際しょぼいです( ´∀`)

 

 

でずが、可能性をひめているのがクリック報酬型でもあります。

 

 

想像してみてください。

 

 

0から1を生み出すことに成功し、記事書きのモチベが上がります。

 

0から1を体験し、継続の糧にすることで、きっとあなたは30記事から50記事ほど書くことができます。

 

その頃には、pvもきっと増えているでしょう。

 

seoの効果で、3ヶ月後には、クリック型報酬の記事が評価され、さらにアクセスがアップ。

 

 

するとどうなりますか?

 

 

pvが植えることによって、貼っておいた広告をクリックする人も4必然的にに増えるのです。

 

200クリックいけば2000円です。

 

これが、現実的なクリック型報酬の強いところです。

 

 

アドセンス審査の前に、クリック型報酬の記事に取り組んでみよう

 

アドセンスにほとんど似ています。

 

しかし、アドセンス審査合格には、多くの人が苦戦します。

 

 

CAT
僕は5回落ちました。

 

 

約、1っヶ月間、気と時間をとられるので、

 

アドセンスの入門前の入り口として、

 

クリック型報酬案件の記事を1記事から3記事書いてブログに入れておく。

 

この方法をお勧めします。

 

先に入れておけばseoに評価せれた時、pvの増加がみこめるので、

 

3ヶ月間先に3記事入れておいて、ブログを書き進めてみる、ことをやってみてはいかがでしょうか。

 

 

ここで、アドセンス審査時にはアフィリリンクを貼ったらいけないんじゃないの?と思う方がいるかもしれませんが、断言します。

 

アフィリリンクは貼っていてもアドセンスには影響しません。

 

理由は絶対的でシンプル。

 

僕がアフィリリンクを貼った記事をブログに入れていて審査に合格したからです。

 

アドセンス審査、合格についての記事はのちに書き、公開しようと思うので、ツイッターのフォローなどをして、お待ちください。

 

まとめ

 

今回の記事内容をまとめると、

 

 

お名前ドットコムなどのクリック型報酬の1〜3記事を書いてみる。

 

 

とシンプルな記事内容でした。

 

 

おまけで、記事を書く時、キーワード選定をするための

 

ラッコキーワードURLを紹介しておきます。

 

CAT
こいつをグーグル広告のキーワードプランナーと並行して使うと、結構いい感じにキーワード選定ができるので、登録する価値ありですよ( ̄▽ ̄)

 

 

PV,アクセスが増加する、ラッコキーワードの無料登録はこちら

 

 

以上、0から1を作る、アフィリエイトの記事でした。

  • この記事を書いた人

Sfl・Beer・Coffee

23歳/SFLシリーズ/ブログ.アフィリエイトに関する情報を発信してます。/2020年4月頃よりブログ制作に参加/ワードプレス使用開始は2020年の5月頃/アフィンガー6を愛用してます。/Amazonボタンでは最近自分の中での流行りの商品を紹介します。/

-0記事→100記事→300記事
-